前へ
次へ

不動産売却時に有利になる書類を用意

ブランド物を売却するとき、物だけでなく入っていた箱や鑑定書などがあるとより高い査定をしてもらえるようです。特に鑑定書は本物の証になるので、あるのとないのとでは査定額が大きく変わるでしょう。では不動産売却においては鑑定書のような書類があるかです。あればより高く売りたいときに役立ちそうです。住宅などにおいては住宅性能評価書と呼ばれるものがあり、こちらの書類には物件における様々な情報が記されています。基本的には建築時の情報なので、年数が経過していると必ずしも情報通りでないかもしれません。ただ不動産売却において重要な書類になるので提出可能であれば出した方が良さそうです。不動産売却では買い手を探さないといけませんが、その人たちによっては住宅性能評価書がないと対応しない人もいるようです。となると不動産売却において必須の書類になりかねません。不動産売却にまず建築時の書類がないかを確認し、不動産売却の状況によっては再作成なども検討しましょう。

Page Top