前へ
次へ

仲介と買取の違いから不動産売却を考えよう

不動産売却を検討する際、最初に仲介と買取のどちらを利用するか決める必要があります。2つの不動産売却における選択肢の間には、さまざまな違いが見られます。まずはどのような違いがあるのか理解したうえで、状況にあった選択ができるようにしましょう。例えば仲介と買取における違いの1つが、不動産売却の買主です。仲介は購入者が個人になりますが、買取なら不動産会社が直接購入するというスタイルになります。また不動産売却にかかる期間は、不動産会社による買取は短期間で完了します。一方で買主を探すところからスタートする仲介は、不動産売却の手続きが完了するまでに時間がかかります。不動産売却価格で考えた場合、仲介は不動産市場における相場価格で売れる可能性があります。ですが買取の場合には、仲介より売却価格が低くなる可能性があるので注意しましょう。少しでも高く売りたいなら仲介、急いで不動産売却をしたいなら買取というように、状況に合わせて売却方法を変えることが大切です。

Page Top