前へ
次へ

とても多くのチャンスがある不動産売却

必要のない不動産を所有している人は、不動産売却をしてみると良いでしょう。不動産売却のやり方もいろいろ

more

不動産売却を進める際の知識について

暮らしを行う際に住まいを利用しますが、これは大きく賃貸物件と購入物件に分けられます。購入物件には分譲

more

十分に資金を得られる不動産売却サービスの会社

まとまった資金がいる場合は持っている物件を売ると、問題に対応できるケースがあります。不動産売却サービ

more

不動産売却をした後に瑕疵が見つかった時

不動産を購入するとき新築か中古かを迷うかもしれません。新築のいいところは新しいところで、逆に高いところが良くない点になりそうです。一方中古は物件が古いものの安く購入できるところが良い点です。もし新築物件において瑕疵があるときは販売会社に対して瑕疵担保責任を追求できます。ただし期間などが決められていて、その期間を過ぎてしまうと形状劣化とみなされる可能性が出てきます。では中古の物件を不動産売却したときに瑕疵が見つかった時はどうなるかです。不動産売却は素人が行うケースが多く、売りたい気持ちはあっても物件の状態を細かく把握できていない人もいるかもしれません。中古の不動産売却においても後に瑕疵が見つかれば一定の瑕疵担保責任を負わなければならず、法律上は契約不適合責任を負います。売却側が知らずに問題点を知らせなかったとしても期間内に見つかれば一定の対応が必要になります。 最も重くなると契約解除の可能性も出てくるので、不動産売却をする前にしっかりと瑕疵がないかをチェックしておく必要がありそうです。普段の生活の中で問題がないとついそのまま売却してしまいそうですが、物件の奥にいろいろな問題が隠れているかもしれません。これらの点においては不動産売却をするときに不動産会社なども相談に乗ってくれます。それを見極めた上での査定も行ってくれます。不動産売却においては事前に売主が瑕疵を認識しているときもあります。そして不動産会社はそれらを加味した上で査定をして売却をしようとします。当然物件情報においても瑕疵がある点を明示してそれに納得をした上で購入してもらうようにします。瑕疵の情報を出していればその問題に関しては解決済みなので後で損害賠償などをされたりはしません。ただ情報として出していない部分の瑕疵があるとそれを追及される可能性が出てきます。建築年数が経過しているとどうしても傷みなどが多く出てくるので、建物の状況をしっかり調べてくれる専門業者に依頼をしてチェックしてもらう方がいいでしょう。

まさにベッドタウンな多賀城市
土地の価値が上昇中!不動産の売り時かもしれません

自然と共存できる東北の街
名取市です。
不動産売却をお考えなら永大ハウス工業にご連絡ください。

七ヶ浜で不動産売却するのに選ばれている
地元密着の永大ハウス工業です。
仙台市内はもちろん宮城県で、不動産のことは当社にお任せください

Page Top